【実技マニュアル】(刺鍼)押し手

鍼を痛くなくさす、効くようにさすには、押し手が大切だということは何度も申し上げています。(参照:【押し手】チェックポイント ツボを逃さない)

今回は、刺鍼時、鍼管を抜く際、催気時と、押手が緩みやすくなるポイントを押さえながら解説しています。


にしずか Labo

『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。 電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。

0コメント

  • 1000 / 1000