補瀉の手技

臨床では、患者さんや病症の虚実寒熱表裏の状態に応じて、大小・迎随・深浅・呼吸・出内・開闔などの手技を取捨選択し組み合わせ、治癒に導きます。


にしずか Labo

『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。 電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。

0コメント

  • 1000 / 1000