【連載】Pt.4 三焦の蔵象 1/4 更新いたしました。

1. はじめに  

三焦というのは、非常に難解な概念で、普通に古典を読んでもわかりにくく、何となくはわかるんだけど、はっきりしないものの1つだと思います。 

 何故わかりにくいのかというと、この三焦という概念を腑に落ちるように理解するには、東洋医学の様々な思想、思考が分かっている必要があるからです。よって今回は東洋思想についても少し触れてながら東洋的な物の見方、考え方を総動員して三焦を解説します。 

 しかしこの三焦という概念は、読み進めていけばわかると思いますが、もっとも東洋医学らしい概念であり、非常にすばらしい考え方です。逆にこの三焦が理解できなければ東洋医学を本当の意味で理解することはできないと言ってもいいかもしれません。少し難しいお話に聞こえるかもしれませんが、何度も読み返して繰り返し考えてみてください。 

 では解説に入っていきます。


続きは、「週刊にしずかラボ」にて。。。 

 購読はこちらへ。 

 購読方法はこちらへ。

にしずか Labo

『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。 電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。

0コメント

  • 1000 / 1000