【連載】「経絡治療からみた傷寒論」を更新しました。

弁脉法第一 29 

①趺陽脈遅而緩.胃気如経也. 
②趺陽脈浮而数.浮則傷胃.数則動脾.此非本病.医特下之所為也. 
③栄衛内陷.其数.先微.脈反但浮.其人必大便硬.気噫而除. 
④何以言之. 
⑤本以数脈動脾.其数先微.故知脾気不治.大便硬.気噫而除. 
⑥今脈反浮.其数改微.邪気独留.心中則飢.邪熱不殺穀.潮熱発渇. 
⑦数脈当遅緩.脈因前後度数如法.病者則飢.
 ⑧数脈不時.則生悪瘡也. 


〈ポイント〉 

・脈の推移と病状の推移


続きは、「週刊にしずかラボ」にて。。。 

 購読はこちらへ。 

 購読方法はこちらへ。

にしずか Labo

『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。 電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。

0コメント

  • 1000 / 1000