【連載】「経絡治療からみた傷寒論」を更新しました。

弁脉法第一 30 

師曰.病人脈微而渋者.此為医所病也. 
大発其汗.又数大下之.其人亡血. 
病当悪寒.後乃発熱.無休止時. 
夏月盛熱.欲著複衣.冬月盛寒.欲裸其身. 
所以然者.陽微則悪寒.陰弱則発熱. 
此医発其汗.使陽気微.又大下之.令陰気弱. 
五月之時.陽気在表.胃中虚冷.以陽気内微.不能勝冷.故欲著複衣. 
十一月之時.陽気在裏.胃中煩熱.以陰気内弱.不能勝熱.故欲裸其身. 
又陰脈遅渋.故知血亡也. 

〈ポイント〉 

・誤治による病症 
・季節と身体の関係


続きは、「週刊にしずかラボ」にて。。。 

 購読はこちらへ。 

 購読方法はこちらへ。

にしずか Labo

『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。 電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。

0コメント

  • 1000 / 1000