【連載】讀解「難経本義諺解」を更新いたしました。

1. 発端の弁 2/3

医を為して斉及び趙にありては、呼びて扁鵲と名づく。けだし、古黄帝の時に扁鵲という神医あり。越人の医を以て彼に比べて世人扁鵲と称す。


続きは、「週刊にしずかラボ」にて。。。 

 購読はこちらへ。 

 購読方法はこちらへ。

にしずか Labo

『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。 電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。

0コメント

  • 1000 / 1000