【連載】讀解「難経本義諺解」を更新いたしました。

1. 発端の弁 3/3

〇後漢書にいわゆる魏の曹操頭風を患う、華佗をして治せしむ。鍼して即ちいゆ。曹悦びて常に華佗を侍坐せしむ。ある時、佗が妻病みひすと云うて退いて来たらず。曹ひそかに人をして聞かしむれば、妻が病むに非ず。偽れるなり。曹操甚だ怒りて華佗を捕らえて獄に込む。


続きは、「週刊にしずかラボ」にて。。。 

 購読はこちらへ。 

 購読方法はこちらへ。

にしずか Labo

『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。 電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。

0コメント

  • 1000 / 1000