【連載】「経絡治療からみた傷寒論」を更新しました。

弁脉法第一 43

寸口脈陰陽倶緊者.法当清邪中於上焦.濁邪中於下焦.清邪中上.名曰潔也.濁邪中下.名曰渾也. 陰中於邪.必内慄也.表気微虚.裏気不守.故使邪中於陰也. 陽中於邪.必発熱頭痛.項強頸攣.腰痛脛酸.所為陽中霧露之気.故曰清邪中上. 濁邪中下.陰気為慄.足膝逆冷.便溺妄出. 表気微虚.裏気微急.三焦相溷.内外不通. 上焦怫鬱.蔵気相燻.口爛食齦也. 中焦不治.胃気上衝.脾気不転.胃中為濁.栄衛不通.血凝不流. 若衛気前通者.小便赤黄.与熱相搏.因熱作使.遊於経絡.出入蔵府.熱気所過.則為癰膿. 若陰気前通者.陽気厥微.陰無所使.客気内入.嚔而出之.声嗢咽塞. 寒厥相追.為熱所擁.血凝自下.状如豚肝. 陰陽倶厥.脾気孤弱.五液注下. 下焦不闔.清便下重.令便数難.臍築湫痛.命将難全.

 

〈ポイント〉 

・表裏、三焦における気の乱れと病症


続きは、「週刊にしずかラボ」にて。。。 

 購読はこちらへ。 

 購読方法はこちらへ。

にしずか Labo

『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。 電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。

0コメント

  • 1000 / 1000