【連載】「経絡治療からみた傷寒論」を更新しました。

弁脉法第一 44

脈陰陽倶緊者.口中気出.唇口乾燥.踡臥足冷.鼻中涕出.舌上胎滑.勿妄治也.
 到七日以来.其人微発熱.手足温者.此為欲解.
 或到八日以上.反大発熱者.此為難治.
 設使悪寒者.必欲嘔也.
 腹内痛者.必欲利也.
 

〈ポイント〉

 ・症状の変化から、病理の変化を読み解き、予後を予測する。


続きは、「週刊にしずかラボ」にて。。。 

 購読はこちらへ。 

 購読方法はこちらへ。

にしずか Labo

『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。 電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。

0コメント

  • 1000 / 1000