【連載】『陰陽論』を更新しました。

2. 易経とは 2/3

 易経を読む時は、その解説の部分を中心に読まなければいけません。ではその部分はどこかというと、十翼といわれる部分です。その中でも繋辞伝という所が最も尊いとされています。易経を単なる占いの本から、哲学書の領域まで高めようという目的で書かれた部分で、数千年の歴史を経た今でも中国史上最も重要な論文と言われています。


 続きは、「週刊にしずかラボ」にて。。。

購読方法はこちらへ。

にしずか Labo

『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。 電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。

0コメント

  • 1000 / 1000