【連載】「経絡治療からみた傷寒論」を更新しました。

平脉法第二 09

師曰.伏気之病.以意候之. 
今月之内.欲有伏気.仮令舊有伏気.当須脈之. 
若脈微弱者.当喉中痛似傷.非喉痺也. 
病人云.実咽中痛.雖爾今復欲下利. 


 〈ポイント〉 

・脈によって隠れた病を探す


続きは、「週刊にしずかラボ」にて。。。 

 購読方法はこちらへ。 

にしずか Labo

『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。 電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。

0コメント

  • 1000 / 1000