【連載】讀解「難経本義諺解」を更新いたしました。

9.難経彙攷(6)

本文

四十一の難に云く、肝に両葉有りと。四十二の難に云く、肝は左三葉、右四葉凡て七葉と。両葉と言う者はその大を挙ぐ。七葉と言うはその詳を尽す。左三つ右四つもまた陰陽の義に相す。肝は木に属す。木は少陽と為す。故にその数七。

肺は金に属す。金は少陰と為す。故に六葉両耳その数八。

心の色赤くして中(う)ち虚しきは離の象りなり。

脾の形は馬蹄に象りて中に居するは土の義なり。

腎に両枚有るは習坎の謂いなり。これ五蔵陰陽に配合す。皆天地自然の理。人の能く為す所の者に非ず。馬の胆無く兎の脾無きごときは物固にその全きことを得ず。

周子が云く、木は陽の稺、金は陰の稺とはこれなり。


続きは、「週刊にしずかラボ」にて。。。

購読方法はこちらへ。

にしずか Labo

『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。 電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。

0コメント

  • 1000 / 1000