【実技マニュアル】補瀉手法 深浅

 「経絡治療実技マニュアル」(無料)を更新しました。

 経絡の虚実を整えるためには、手技が大切です。技術の習得には時間がかかります。

 しかしただやみくもに鍼をうつのではなく、刺し方や刺す意味を考えてうつことで、上達が早くなります。


にしずか Labo

『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。 電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。

0コメント

  • 1000 / 1000