【連載】『「景岳全書」婦人科を読む』を更新いたしました。

婦人規上

經脉類 經脉之本三(3)

【本文】

然経本陰血, 何臓無之, 惟臓腑之血皆帰衝脈, 而衝為五臓六腑之血海, 故経言太衝脈盛, 則月事以時下, 此可見衝脈為月経之本也。 然血気之化, 由於水穀, 水穀盛則血気亦盛, 水穀衰則血気亦衰, 而水穀之海, 又在陽明。 考之痿論曰: 陽明者, 五臓六腑之海, 主潤宗筋, 宗筋主束骨而利機関也。 衝脈者, 経脈之海也, 主滲灌谿谷, 與陽明合於宗筋。 陰陽総宗筋之会, 会於気街, 而陽明為之長。 是以男精女血, 皆由前陰而降, 此可見衝脈之血, 又総由陽明水穀之所化, 而陽明胃気又為衝脈之本也。 故月経之本, 所重在衝脈。 所重在胃気, 所重在心脾生化之源耳。 其他如七情六淫, 飲食起居之失宜者, 無非皆心脾胃気之賊。 何者当顧, 何者当去, 学者於此, 当知所従矣。


続きは、「週刊にしずかラボ」にて。。。


にしずか Labo

『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。 電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。

0コメント

  • 1000 / 1000