【連載】讀解「難経本義諺解」を更新いたしました。

四難③

本文

脈に一陰一陽、一陰二陽、一陰三陽有り。一陽一陰、一陽二陰、一陽三陰有り。この如くの言は寸口に六脈倶に動ずること有りや。
然なり。この言は六脈倶に動ずること有るに非ざるなり。いわゆる浮沈長短滑濇なり。浮は陽なり。滑は陽なり。長は陽なり。沈は陰なり。短は陰なり。濇は陰なり。
いわゆる一陰一陽は脈来たること沈にして滑なるを謂うなり。
一陰二陽は脈来たること沈滑にして長なるを謂うなり。
一陰三陽は脈来たること浮滑にして長時に一沈なるを謂うなり。
いわゆる一陽一陰は脈来たること浮にして濇なるを謂うなり。
一陽二陰は脈来たること長にして沈濇なるを謂うなり。
一陽三陰は脈来たること沈濇にして短時に一浮なるを謂う。
各々その経の在る所をもって病の逆順を名づく。


続きは、「週刊にしずかラボ」にて。。。


にしずか Labo

『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。 電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。

0コメント

  • 1000 / 1000