【連載】讀解「難経本義諺解」を更新いたしました。

五難

本文

五の難に曰く、脈に軽重有りとは何の謂ぞや。
然なり、初めて脈を持するに、三菽の重さの如く、皮毛と相得る者は、肺の部なり。
六菽の重さの如く、血脈と相得る者は、心の部なり。
九菽の重さの如く、肌肉と相得る者は、脾の部なり。
十二菽の重さの如く、筋と平らかなる者は、肝の部なり。
これを按じて、骨に至り指を挙げれば来たること疾なる者は、腎の部なり。
故に軽重と曰うなり。


続きは、「週刊にしずかラボ」にて。。。


にしずか Labo

『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。 電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。

0コメント

  • 1000 / 1000