【連載】「経絡治療からみた傷寒論」を更新しました。

傷寒例第三 15

凡傷於寒.則為病熱.熱雖甚.不死.若両感於寒而病者.必死.
尺寸倶浮者.太陽受病也.当一二日発.以其脈上連風府.故頭項痛.腰脊強.
尺寸倶長者.陽明受病也.当二三日発.以其脈夾鼻絡於目.故身熱目疼.鼻乾不得臥.
尺寸倶弦者.少陽受病也.当三四日発.以其脈循脇絡於耳.故胸脇痛而耳聾.
此三経皆受病.未入於府者.可汗而已.


〈ポイント〉

・傷寒陽病と脈証病症


続きは、「週刊にしずかラボ」にて。。。


にしずか Labo

『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。 電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。

0コメント

  • 1000 / 1000