【連載】『「景岳全書」婦人科を読む』を更新いたしました。

婦人規上 經脉類 

熱入血室十四(3)(4)


【本文③】

若或怒或労,火由内生,其人多汗而無表証者,宜保陰煎,清化飲,当帰六黄湯之類加減主之。


続きは、「週刊にしずかラボ」にて。。。


にしずか Labo

『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。 電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。

0コメント

  • 1000 / 1000