【連載】「経絡治療からみた傷寒論」を更新しました。

傷寒例第三 26

凡得時気病.至五六日.而渇欲飲水.飲不能多.不当与也.
何者.以腹中熱尚少.不能消之.便更与人作病也.
至七八日.大渇欲飲水者.猶当依証而与之.与之常令不足.勿極意也.
言能飲一斗.与五升.若飲而腹満.小便不利.若喘若噦.不可与之也.

忽然大汗出.是為自癒也.


〈ポイント〉

・口渇時の水の飲み方


にしずか Labo

『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。 電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。

0コメント

  • 1000 / 1000